2007年09月

2007年09月に関するおもしろアニメ動画です。
youtube(ユーチューブ)からの動画です


pickup  おもしろドラゴンボール   ドラゴンボールが・・・   ドラゴンボールの秘密
スポンサーサイト



[RSS] [Admin] [NewEntry]

無料アニメ動画を見る⇒コミック・アニメ ランキング
他の無料アニメ動画を見る⇒ブログランキング 『らき☆すた』(らきすた)は、美水かがみの4コマ漫画作品『らき☆すた』を原作としたテレビアニメ作品。2007年4月から9月まで、チバテレビなどの独立UHF局を中心とした16局で放送された。全24話。ストーリー構成としては、原作の内容を踏襲しながら、アニメオリジナルのエピソードを盛り込んだ形となっている。時系列も原作では高校1年生から開始しているのが、アニメでは高校2年生からに変更されている。また本編Bパートとエンディングの間には、同名のラジオ番組を元にしたミニコーナー『らっきー☆ちゃんねる』が挟まれる形をとっており、このコーナーではラジオ版、コンプティーク誌上の情報コーナー版及び本作公式Webサイトと相互連動した企画も行った。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用


pickup  おもしろ各アニメについて   各アニメについてが・・・   各アニメについての秘密



[RSS] [Admin] [NewEntry]

無料アニメ動画を見る⇒コミック・アニメ ランキング
他の無料アニメ動画を見る⇒ブログランキング
テレビアニメ『プリキュア』シリーズ、および同シリーズの以下の各作品の略称。ふたりはプリキュア 、ふたりはプリキュア Max Heart、 ふたりはプリキュア Splash Star、Yes! プリキュア5 おもに幼稚園から小学校中学年までの女児を対象とした作品であるが、戦闘の描写には、いわゆる魔法のステッキから出る光線などは使われず、男児向けのヒーロー物や『ドラゴンボール』、『ポケットモンスター』に見られるような徒手格闘技による肉弾戦を展開する手法をとった。格闘シーンの完成度は高い。玩具として商品展開されるアイテム群が劇中では直接的な武器としては使用されないほか、『美少女戦士セーラームーン』における「タキシード仮面」のような男性の助っ人が存在しないなど従来の同種作品と異なった試みがなされた。なかでも、従来の同ジャンル作品と大きく異なり、添え物程度に過ぎなかった戦闘シーンをメインとし、本来この手の作品のメインテーマである恋愛の要素を抑える(特にこの作品においては恋愛パートは日常パートより小さい扱いとなっている)やり方はこの分野にとって、新機軸とも言える画期的手法であった。そして主役二人の少女のイメージカラーを女児に人気の「桃」や「黄」にせず、「黒・白」にしたことも斬新な試みである。 シリーズディレクターにはダイナミックな格闘描写で定評のある西尾大介を起用した。 初期は物語の展開が速く、26話で大ボス的存在を倒してしまったため、ファンの間では「半年で終わる予定で作っていた」とよく言われるが、これは誤解であり、人気が低迷した場合、第3クール(27話~)から違和感なく路線変更出来るよう、全体の半分で一度区切りがつくように作られており、一年放送なのは当初から決定事項であった(企画書の段階でたいていの一年の流れが記されていた他、西尾監督もムックでこのことを語っている)。26話までは第1部、27話からは第2部と解釈できる。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用


pickup  おもしろ各アニメについて   各アニメについてが・・・   各アニメについての秘密



[RSS] [Admin] [NewEntry]

無料アニメ動画を見る⇒コミック・アニメ ランキング
他の無料アニメ動画を見る⇒ブログランキング 『聖闘士星矢』(セイントセイヤ、SAINT SEIYA)は、集英社の漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」に連載された、車田正美著の長編漫画、および同作を原作としたテレビアニメーション作品。単行本全28巻、完全版全22巻。今でいうとバトルファンタジー物というジャンルにあたる。車田の前作『男坂』が短命に終わったことから、次回作はメジャー路線と読者受けを意識し、プラモデルの要素を取り入れた「聖衣」が少年に、ギリシャ神話を題材にしたストーリーが少女に、それぞれ受けるだろうという発想から構想が練られた。その狙いは的中し、「聖闘士(セイント)」「小宇宙(コスモ)」といったネーミングとともに、大好評を得る。特に誕生星座でもある、黄道十二星座をモチーフにした黄金聖闘士の登場で人気は最高潮となる。子供たちの間では、自分の星座の聖闘士が活躍した者とそうでなかった者で、ごっこ遊びの際などに明暗が分かれるほどであった。また「聖衣」を可能な限り忠実に再現した、当時としては斬新なフィギュア「聖闘士聖衣大系」も大ヒット商品となった。 テレビアニメ版も東映動画(現:東映アニメーション)制作で、テレビ朝日系にて毎週土曜日に放映。1986年10月11日から1989年4月1日までの長期にわたるシリーズになり、海外でも放映された。ゲーム化、舞台化、カセット文庫化もされている。しかし連載開始すぐにアニメ化となったため、オリジナルストーリーを挟みながらもやがて追いつきポセイドン編までで終了した。 1990年11月に週刊少年ジャンプでの漫画連載は終了するが、終盤(黄金聖闘士が消滅した「嘆きの壁」破壊以降)は人気が低迷し、後ろ1/3ページの常連になった末の打ち切りであった。ジャンプを代表した漫画であっただけに、編集部のアンケート至上主義に対する批判もあったが、編集長(とその派閥)の交代による専横な人事改革と見る向きもある。つまり、打ち切りになるほど人気が低かったわけではなく、誌面の新陳代謝の意味での打ち切りだったと思われる。巻末目次のコメント欄では、当時創刊された『Vジャンプ』に新エピソードが掲載されると予告されたが、実際は冥王ハーデス編の最終話であった。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用


pickup  おもしろ各アニメについて   各アニメについてが・・・   各アニメについての秘密



[RSS] [Admin] [NewEntry]

無料アニメ動画を見る⇒コミック・アニメ ランキング
他の無料アニメ動画を見る⇒ブログランキング 『キン肉マン』(キンにくマン)は、ゆでたまごによる漫画作品、およびそれを原作としたアニメ作品であり、主人公の名前でもある。ストーリーは、主に現代の日本を舞台とし、人間を超越した存在である超人が、様々な敵とリングの上で戦うという、プロレス系バトル漫画。日本に住むダメ超人のキン肉マン(本名 キン肉スグル)が、次々に立ちはだかる敵(怪獣、残虐超人、悪魔超人、完璧超人等)と戦っていくという筋である。 また、戦うことによって形成される友情の美しさを主眼において、単純な勧善懲悪ではない物語性を持たせている。また、「ダメ超人」と人々にバカにされながらも、地球の平和を守りたいと願い続けた主人公の成長していく姿も描いている。 当初は『ウルトラマン』をパロディ化したギャグ漫画(連載前の読み切りでは、キン肉マンはウルトラの父の不義の子とされている)であったが、第20回超人オリンピック編(第1回超人オリンピック編)からプロレス系バトル漫画に路線変更して大ヒットした。プロレスに転向してからもしばらくはギャグ色の濃い漫画だったが、中盤以降はシリアスな戦闘が中心となり、終盤になるとギャグ的要素はほとんど無くなっていった。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用


pickup  おもしろ各アニメについて   各アニメについてが・・・   各アニメについての秘密



[RSS] [Admin] [NewEntry]

無料アニメ動画を見る⇒コミック・アニメ ランキング
他の無料アニメ動画を見る⇒ブログランキング ONE PIECE(ワンピース)は1997年より週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載中の、尾田栄一郎作の少年漫画。2007年5月現在、45巻まで発刊。又これを原作にしたテレビアニメ、ゲーム等も指す。少年漫画の王道をいくストーリー展開や、随所にギャグを織り交ぜつつ仲間・冒険といったテーマを前面に掲げた少年漫画として人気を博している。それぞれのキャラクターが際立っていることも特徴である。1999年から始まったテレビアニメも7年目に突入し、ロングラン作品になっている。放送時間が変更され、それに伴い見れなくなる地域も今までより増加した。見れなくなった地域の視聴者から不満の声が多くきかれる。2007年は、連載10周年記念して5冊の本が出版される等、様々な企画が水面下で動いている。主人公モンキー・D・ルフィは海賊であり、海を渡り各島を渡り旅をしていく。主人公とその仲間は海賊であるが、民衆を襲うわけではなくそれぞれの目的の為旅をしている。 主に各島で事件に巻き込まれ、敵を倒しまた次の島へ進んでいく。敵も海賊が多いが、海軍等の他の組織と戦うこともある。又、島を渡っていく中で仲間が増えることもある。海では主に移動のみで船同士の大砲戦等の戦いはあまり描かれない。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用


pickup  おもしろ各アニメについて   各アニメについてが・・・   各アニメについての秘密



[RSS] [Admin] [NewEntry]

無料アニメ動画を見る⇒コミック・アニメ ランキング
他の無料アニメ動画を見る⇒ブログランキング
『北斗の拳』(ほくとのけん)は、原作・武論尊、作画・原哲夫による少年漫画。およびそれを原作・題材としたテレビアニメ(1984年)・ゲームを指す。北斗七星に象徴される伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者、ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクション。舞台は199X年の最終戦争後の地球。核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、残された資源(主に水と食料)をめぐって争いが繰り返されるという、暴力が支配する世界である。 1980年代の「週刊少年ジャンプ」を代表する作品の一つであり、漫画家・原哲夫と漫画原作者・武論尊の最大のヒット作にして代表作である。単行本は1984年から1989年にかけてジャンプコミックス全27巻が発売されたほか、愛蔵版、文庫版(それぞれ全15巻)が刊行され、2006年には小学館より完全版全14巻が刊行された。2002年よりフルカラー化したマスターエディションがコアミックスより発売されたが、刊行は4巻までで頓挫している。2007年現在で単行本の累計発行部数は1億部超と言われる。 主人公の使う北斗神拳により人間の頭や胴体が破裂するショッキングな描写、言葉にならないような独特で異様な断末魔の悲鳴、大時代的ともいえる宿命的な物語、ケンシロウの相手に対して既に死んでいる事を告げる台詞や、ラオウの死に際に放った己の人生に悔いが無い事を叫ぶ台詞などのキャラの個性を際立たせる数々の名台詞から一大ブームを巻き起こし、日本中でまねをする子供が見られた。「秘孔を突く」という言葉もよく使われた。ただし、上記の名台詞の前者のものの流行は、アニメ(特に初期)での多用が強く影響したもので、漫画本編では当の台詞は1・2回程度しか使われていない。核戦争が終結して暴力がすべてを支配する世界となった大地で、北斗神拳伝承者ケンシロウが暴徒を相手に拳を振るう。リンやバットを引き連れ、北斗神拳と表裏をなす南斗聖拳の使い手で、関東平野を支配するKINGことシン、牙一族、アミバ、カサンドラ獄長ウイグルらを倒していく。その中で、北斗神拳を共に修行した長兄ラオウや次兄トキ、それぞれの宿星を持つ南斗六聖拳の伝承者達が登場し、ケンシロウと激闘を繰り広げていく。 ケンシロウは北斗神拳伝承者の誇りと愛する女性・ユリアをかけて、世紀末覇者拳王を名乗る長兄ラオウと拳を交わす。互いに究極奥義を身につけ、北斗神拳の奥義が全く武器にならない凄絶な闘いとなったが、一片の狂いもないケンシロウの無想の拳に対し、ラオウの闘気に乱れが生じ、その隙をついた必殺の拳がラオウの胸に突き刺さって決着した。 激闘の末、ケンシロウはラオウを破ったが、平安の時代は短く、世は「天帝」による圧政の時代になっていた。ケンシロウは再び立ち上がり、成長したリンやバットとともに、天帝による支配に立ち向かう。 天帝側の人物が使う拳法として、北斗南斗に匹敵する元斗皇拳が登場する。伝承者ファルコは、かつてラオウに互角の力量と認められながらも、村の安全のために自分の足一本を差し出して闘いを回避したほどの漢であった。ケンシロウは、元斗の拳士との闘いを経て、天帝の威光をかさに乱行を繰り広げる悪の元凶、総督ジャコウを倒す。ここからはあえて画風を変えて掲載されている。 リンは、ジャコウの息子らによって修羅の国に連れ去られた。ケンシロウは天帝の血を引くリンを追って単身修羅の国へと渡り、そこで新たな敵、修羅の存在を知る。修羅は手負いとはいえファルコを瀕死に追い込むほどの強さを誇った。 修羅の国とは何か? かの国で流れるラオウ伝説の正体は? ケンシロウと北斗神拳の来歴が明らかとなり、もう一つの北斗である北斗琉拳の伝承者達との死闘が繰り広げられる。ラオウの兄であり北斗琉拳最強の男カイオウを倒したケンシロウは、リンをバットに託して再び旅立っていく。 「ケンシロウは、一体誰を北斗神拳の後継者にするつもりなのか?」その答えとして、彼はラオウの子リュウを後継者に選んだ。ケンシロウとリュウの旅、そしてケンシロウとリンとバットの三角関係を描いたラブストーリーが展開される。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用


pickup  おもしろ各アニメについて   各アニメについてが・・・   各アニメについての秘密



[RSS] [Admin] [NewEntry]

無料アニメ動画を見る⇒コミック・アニメ ランキング
他の無料アニメ動画を見る⇒ブログランキング
Dr.スランプ(ドクタースランプ)は、鳥山明の連載デビューとなった漫画作品。ゲンゴロウ島のペンギン村に住む則巻千兵衛という博士が作った人間型アンドロイド、則巻アラレのハチャメチャな生活を描いたギャグ漫画。アニメ化もされている。 1981年には『Dr.スランプ アラレちゃん』としてアニメ化され、大ブームを巻き起こし、アニメ視聴率歴代3位を記録している。他国では香港においても『IQ博士』というタイトルの広東語吹き替え版(歌:アニタ・ムイ)が放映され人気を博し、テーマ曲も広い世代に知られている。その他アジア各国でも放送された。又、アメリカでも、『Dr.SLUMP』というタイトルの原作の英語翻訳版が翻訳出版され、人気を博した。その際、アラレの口癖とガッちゃん語が、ローマ字に訳されている。 ロボットなのに眼鏡をかける、というユニークな設定が人気の要因の一つであった。又、「ほよよ」・「んちゃ」・「キーン」などの言葉は流行語にもなった。アニメのエンディングテーマだった『アラレちゃん音頭』は全国の盆踊り大会で使われ、大ヒットした。 一方で、ウンチが毎回のように登場するなどの漫画として、日本PTA全国協議会から槍玉に挙げられたが、その批判は前述の盆踊りの選曲の際に問題とされない程度のもので、さほど大々的に批判されたわけではない。アニメ第1作の初期はウンチに関する描写はかなり抑えられていた(そのためアラレが「みっちゃんみちみち」を歌う場面も歌詞が差し替えられている)が、しばらくして大っぴらに描写されるようになった。 なおオープニングの『ワイワイワールド』のオープニング曲が「ぶたさんえっとえっと~」の部分が「ぶたさんホケキョ」と変わっていたが視聴者から「あの声はおかしい」と言っていた為、変わった。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用


pickup  おもしろ各アニメについて   各アニメについてが・・・   各アニメについての秘密



[RSS] [Admin] [NewEntry]

無料アニメ動画を見る⇒コミック・アニメ ランキング
他の無料アニメ動画を見る⇒ブログランキング
1968年/全65話/モノクロ。鬼太郎初のアニメ作品。原作のグロテスクさや下ネタ、社会風刺の部分を抑えた以外はほぼ忠実に映像化した。人間に災いをもたらす妖怪を鬼太郎が人間の側に立って倒す勧善懲悪型のストーリーが中心で、鬼太郎の性格も原作より更に親しみやすい善の個性となった。こうして鬼太郎は子供達の新たなヒーローとして人気を博し、全65話のヒット作品となった。 音楽にはその後の日本音楽界の重鎮、いずみたくが起用された。主題歌、エンディングのみならず、オーケストラなどを存分に使ったBGMのレベルが非常に高いこともこの1、2作目を盛り上げるのに多大な貢献をしている。主題歌は当時、いずみと親交が深かった熊倉一雄が、エンディングはいずみのCMソングを数多く歌っていた加藤みどりが歌っている。主人公、鬼太郎の声優には野沢雅子が起用された。当時から人気声優の一人だった野沢だが、テレビアニメの主人公を演じるのは本作が最初だった。またサブタイトルの字体やロゴ表示演出が毎回違うのも本作や次の第2作の特徴である。 鬼太郎親子に味方する砂かけ婆や子泣き爺などの仲間が集う「ゲゲゲの森」の概念も本アニメの放送開始に伴い確立したものだが、まだ「鬼太郎ファミリー」と呼べるほどに親密な味方妖怪の絆は描かれず、仲間たちもたまに登場する援護要員的な存在であった。 1作目はモノクロだったため、人気番組にもかかわらず70年代以降のTV番組カラー化の波に飲まれて再放送されることは少なかった。しかし、その知名度からモノクロ作品としては珍しく1980年代になって再放送されたこともある。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用


pickup  おもしろ各アニメについて   各アニメについてが・・・   各アニメについての秘密



[RSS] [Admin] [NewEntry]

無料アニメ動画を見る⇒コミック・アニメ ランキング
他の無料アニメ動画を見る⇒ブログランキング
『機動戦士ガンダム』(きどうせんしガンダム、MOBILE SUIT GUNDAM)は、日本サンライズが制作し名古屋テレビをキー局として放送されたロボットアニメ。「ガンダムシリーズ」の第一作である。スペースコロニーへの宇宙移民開始を紀元とした未来世界、宇宙世紀0079年が舞台。人類は増え続ける人口のため、半数が月軌道周辺にあるラグランジュ点に浮かぶスペースコロニー群(サイドと呼ばれる)に居住していた。その中で地球に最も遠いコロニー群サイド3はジオン公国を名乗り、宇宙移民であるスペースノイドの独立を求め、人型機動兵器「MS(モビルスーツ)」の開発成功を機に、地球連邦に独立戦争を挑んでいた。そのわずか1週間あまりで双方の陣営は総人口の半分を死に至らしめた。 そんな中、サイド7に住む少年アムロ・レイは、連邦軍が進めていた「V作戦」に対する調査のためサイド7に侵入したジオン軍MS ザク[1]の攻撃に巻き込まれ偶然が重なり、連邦軍の新型MS ガンダムのパイロットになってしまう。ガンダムの性能もあり敵MSを撃退することはできたものの、ガンダムの母艦である最新鋭補給艦(戦闘能力は戦艦並)ホワイトベース(W.B.)は正規乗組員のほとんどを失い、アムロをはじめこれに避難した少年少女たちは、生き残った乗組員達と協力しながらサイド7を脱出する。しかし宇宙には、赤く塗装した専用のザクを駆り数々の戦果を挙げたことから「赤い彗星」と呼ばれるジオン軍パイロット シャア・アズナブルが待ち構えていた。 この物語は、アムロ達が長年の宿敵となるシャアを初め、様々な人々との出会いや戦い、そして別れを経て数々の困難を乗り越え、閉鎖的な極限状態に悩み傷つき、一時的に逃避しながらも一歩ずつ成長していく少年達の姿を描いている。
『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用


pickup  おもしろ各アニメについて   各アニメについてが・・・   各アニメについての秘密



[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。